唄種
「プロローグ」
作詞:くず・ryo
作曲:唄種

「さよなら」と暮れてゆく町
手を振って帰る子供達
夕焼けと風の匂い 季節はめぐる

繰り返す毎日の中で 少しずつつながる小さなドラマ
ひとつひとつ泣いたり笑ったりする
そんな私が好きだよと

そう夜はただ どんな1日もそっと優しく受け取って
「おかえり」そして「おやすみ」
そして「また明日」

伸びる影 見るたび切なくて
太陽をいつも待ちわびて
あの頃は 怖がってばかり 何も知らずに

繰り返す毎日の終わり
時間に追われて 走り続けた日々
気がつけば たくさんのたからもの
あの日 星が 教えてくれた

そう夜は今日も 何も言わずにそっと受け取ってくれる
「おかえり」「よくがんばったね」そんな風に

ほら夜はまた 何も言わずにそっとそばにいてくれる
「おやすみ」そのあともずっと 朝が来るまで

夜はいつも 今日を優しく包んで 朝をつれてくるよ
「また明日」「素敵な夢を」
そしてまた「おはよう」


ホームページ

次へ

前へ

戻る