issei
『もしも君の側にいれたら...』
作詞・作曲 issei

何かできないかな
寂しい 悔しい もどかしい
平生を装って暮らしてるけど

現実はいつだって
厳しい 険しい 慌ただしい
君への想いも意味を失くしてる

もしも君の側にいれたら
何をしてあげれるだろう
考えたって無駄なことぐらい
分かってる
分かってるけど...

どうしてこうなってしまったんだろう
苦しい 夜に 一人きり
誰が悪いわけでもない運命なんだろう
そうして思い出になった
愛しい 愛しい 君との日々
消えてしまわぬように思い出し続ける

もしも君が側にいてくれたら
何をしてるだろう
ほらまた夢見てしまう
あの頃の君が
笑ってる
笑ってるから...

もしも君の側にいれたら
何をしてあげれるだろう
考えてしまう君のことばかり
分かってる
馬鹿げてる...

もしも君の側にいれたら
何をしてあげれるだろう
考えたって無駄なことぐらい
分かってる
分かってるけど...


ホームページ


次へ

前へ

戻る